Le Cordon Bleu ロゴ

パリ校創立
120周年記念
記者発表および
ガラ・パーティ開催

スチューデントリポータースカラシップ授与式も執り行われました。

2015年10/28 ル・コルドン・ブルー・ジャパンは、駐日フランス大使公邸でパリ校創立120周年を記念した記者発表、120周年記念企画のスチューデントリポータースカラシップ授与式および歴代シェフ講師の有志によるスペシャルメニューでガラ・パーティを主催しました。

ティエリー・ダナ駐日フランス大使のご挨拶では、ル・コルドン・ブルーのパリ校創立からこれまでの発展とフランスで“Le Cordon Bleu”が意味する“料理人としての栄誉”もご紹介頂きました。

ティエリー・ダナ駐日フランス大使
※ティエリー・ダナ駐日フランス大使

インターナショナルを代表してアジア代表、シャルル・コアントロより120年の歴史をご紹介。“ベル・エポック”と呼ばれた19世紀のパリ、オーギュスト・エスコフィエにより体系化され革新を遂げたフランス料理とオート・キュイジーヌが生まれたパリ校創立当時の時代背景、女性の料理ジャーナリスト、マダム・ディスティルが料理専門誌としてスタートした「ル・コルドン・ブルー」が国境を超えて読者を増やし、料理デモの開催やスクール創設へと発展した経緯などをスピーチ。1895年のパリ校創立以来、ロシア、英国に続き初めての日本人留学生受け入れは1905年と記録されている逸話なども紹介し、フランス料理技術の体系化、教育機関としての国際的な展開に言及。2016年度に予定されているセーヌ川を望むロケーションにパリ校新設オープン、ラテン・アメリカに予定される5つの新キャンパス、日本校での新規プロジェクトとして大学との提携プログラムや和食の講座新設など今後の展開を発表した。

シャルル・コアントロ ル・コルドン・ブルー・アジア代表
※シャルル・コアントロ ル・コルドン・ブルー・アジア代表

日本代表として登壇したオリヴィエ・ガエタン・ヴォワザンは、2016年が東京校創立の25周年にあたる節目であること、日本校では毎年6000人を超える生徒を受け入れる規模に拡大しており、その半数は英語・中国語クラスの外国人生徒である、という報告を行った後、120周年記念企画として同月に開催した立命館大学、国立民俗学博物館との共催で行ったシンポジウム「食の未来〜ガストロノミック・サイエンス&イノベーション」が成功裡に幕を閉じたこと、分子ガストロノミー研究の第一人者、フード・サイエンティストのエルヴェ・ティス博士を迎えた特別セミナーを東京校で開催することも合わせて発表し、参列するビジネスパートナーへの感謝も述べた。

オリヴィエ・ガエタン・ヴォワザン ル・コルドン・ブルー・ジャパン代表
※オリヴィエ・ガエタン・ヴォワザン ル・コルドン・ブルー・ジャパン代表

記者発表に引き続き、120周年記念企画として実施されたスチューデント・裏リポーター・スカラシップの授与式も執り行われた。

シェフ講師陣および事務局による選考結果が発表され、プロフェッショナル部門は該当者無し、一般部門で選出された菅野究(かんのきわむ)さんが登壇し東京校での料理ディプロム受講資格とシェフハットの授与が行われた。

ギヨム・シエグレ、菅野究さん、オリヴィエ・ガエタン・ヴォワザン
※ギヨム・シエグレ、菅野究さん、オリヴィエ・ガエタン・ヴォワザン

菅野さんは、日本獣医生命科学大学の応用生命科学部食品学科の3年生で、書品科学研究室で「味」について勉強している学生さんで、知識だけではなく、調理の実技面でも基礎から学び、料理法の科学的根拠や文化的背景などの普及に貢献したい、という独自のアプローチが選考委員会で高く評価されました。 「人生の中で一番フラッシュを浴びています」と菅野さん。料理ディプロム取得への意欲とリポーターとしての責務を表明。

引き続き、ギヨム・シエグレ エグゼクティブ・シェフより歴代シェフ講師有志達への感謝と、シンポジウム開催で来日中のエルヴェ・ティス博士を紹介し、乾杯および鏡開き、シャンパン・セレモニーが行われました。

ギヨム・シエグレ ル・コルドン・ブルー・ジャパン、エグゼクティブ・シェフ/エルヴェ・ティス博士による乾杯音頭



ティエリー・ダナ駐日フランス大使とアジア代表、シャルル・コアントロによる鏡開き/ローラン・ペリエのブランド・アンバサダー、フィリップ・ソーゼット氏によるシャンパン・セレモニー
写真左上:ギヨム・シエグレ ル・コルドン・ブルー・ジャパン、エグゼクティブ・シェフ/写真右上:エルヴェ・ティス博士による乾杯音頭/写真左下:ティエリー・ダナ駐日フランス大使とアジア代表、シャルル・コアントロによる鏡開き/写真右下:ローラン・ペリエのブランド・アンバサダー、フィリップ・ソーゼット氏によるシャンパン・セレモニー

ビュッフェでは、歴代シェフ有志達を交えたスペシャルメニュー、デザートビュッフェからエスプレッソ社提供のカフェスタンドが並び、盛況に幕を閉じた。



※協賛各社

月桂冠
月桂冠(株)/写真右:上段左から:1. 藤井酒造(株)「龍勢 別格品 生酛純米大吟醸」、2. 中国醸造(株)「一代 桜弥山 純米吟醸」、3. 榎酒造(株) 「華鳩 生酛 純米吟醸 原酒」4. 賀茂泉酒造(株) 「賀茂泉 純米吟醸 朱泉本仕込」、5. 盛川酒造(株)「白鴻 四段仕込み純米 赤ラベル」/下段左から1. (株)醉心山根本店「純米大吟醸 生地 名誉醉心」、2. (株)三宅本店「千福 純米大吟醸 蔵」、3. 合名会社梅田酒造場「本洲一 無濾過純米吟醸」4. 賀茂鶴酒造(株) 「賀茂鶴 大吟醸 双鶴」

ネスレネスプレッソ(株)/ Nestle Nespresso K.K、 (株)フェルミエ/ Fermier S.A
写真左:ネスレネスプレッソ(株)/ Nestle Nespresso K.K/写真右:(株)フェルミエ/ Fermier S.A

日本校トップへ

東京校トップへ

神戸校トップへ

フィルタ

125周年記念を皆様と共に!

125周年記念を皆様と共に!

今年、ル・コルドン・ブルーは125周年を迎えます。これを祝い、シェフ陣、講師陣、各方面のエキスパート・専門家、パートナー、そして卒業生や在校生の皆さんの献身的でパッションに満ちた声をインターナショナル・ネットワーク・ビデオにおさめました。

レシピコンテンツのご紹介

レシピコンテンツのご紹介

ル・コルドン・ブルーのウェブサイトでは、シェフ講師による素敵なレシピを多数ご紹介しています。簡単に作ることのできるものから、おもてなしにぴったりの本格的なメニューまでレシピはさまざま。現在、英語版をご覧いただけますが、日本語のページも順次アップデートを予定しています。

ル・コルドン・ブルー日本校 改編のお知らせ

ル・コルドン・ブルー日本校 改編のお知らせ

ル・コルドン・ブルーは1991年日本に開校して以来、みなさまのご要望にお応えすべく運営してまいりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大という困難に直面しており、ル・コルドン・ブルー・ジャパンでも、この度、組織体制の改編を行うこととなりました。

クラシックオムレツのレシピ

クラシックオムレツのレシピ

手早く簡単にできるこのクラシックなレシピに挑戦してみませんか。プロのシェフの技術テストにもよく使われています!みなさんがご自宅で伝統的なフレンスのロールオムレツに挑戦できるようル・コルドン・ブルーのマスターシェフがレシピを作成しました。伝統的なこのオムレツは、茶色の焼き色をつけず、シワもなく、中は少し半熟です。

小さいラムカン型のチーズスフレ

小さいラムカン型のチーズスフレ

ご紹介するこのスフレは、簡単に作ることが出来ます。実は、大きいサイズのスフレは調理されているのか判断するのが難しい為、最もトリッキーなのです。ですからラムカンを用意してお友達を感動させてみましょう。みなさんがご自宅でフランス伝統料理に挑戦できるようル・コルドン・ブルーのマスターシェフがこのレシピを作成しました。

COVID-19に関するお知らせ

COVID-19に関するお知らせ

ル・コルドン・ブルーはCOVID-19の感染拡大について注視しており、校内スタッフには感染予防のための対策について定期的な連絡を行っております。 COVID-19は新型コロナウイルス感染症のことです。潜伏期間は2~14日間であり、感染の可能性がある接触から14日以内に以下のような症状が出ることがあります。

10  - 18 からのニュース/イベント 202
TOP