Le Cordon Bleu ロゴ

グローバル・カリナリーアーツ・アンド・マネジメント

グローバル・カリナリーアーツ・アンド・マネジメント・プログラムは、立命館大学食マネジメント学部の一部の学生を対象とし、ル・コルドン・ブルーと立命館大学が共同で展開するプログラムです。
食マネジメント学部で開講される専門科目のうち12科目と、ル・コルドン・ブルーが本プログラムのために開講する7科目で構成されます。これら19科目を修了し、かつ食マネジメント学部の卒業要件を満たすことにより、カリナリーアーツ・アンド・マネジメント アドバンス・ディプロマ (Advanced Diploma of Culinary Arts and Management) を取得することができます。

コース

  • キッチンで学ぶ

    キッチンや実習室など、調理や実験を伴う科目として、「実践カリナリー基礎」、「実践カリナリー応用」、「実践ガストロノミー基礎」の3科目があります。

    • 実践カリナリー基礎・応用
      実践カリナリー基礎・応用は大学の長期休暇中に実施されます。基礎・応用それぞれの科目で講義、実演授業及び実習授業が展開されます。
      実践カリナリー基礎ではキッチンにおけるオペレーション、食品安全、下ごしらえなどについて学び、さらには調理の知識や技術を身につける授業です。実践カリナリー応用では基礎を踏まえ、さらにレベルの高い、また視野の広がる授業が展開されます。

      時間数:
      実践カリナリー基礎 実習 90時間
      実践カリナリー応用 実習 75時間

    • 実践ガストロノミー基礎
      実践ガストロノミー基礎も実践カリナリーと同様、大学の長期休暇中に実施されます。
      本科目では、ガストロノミーについて、文化的・科学的背景を含めて学習します。具体的には、ガストロノミーの文化・歴史に関する知識の習得、そして発酵、低温調理、分子ガストロノミーなどに関する講義、調理、実験に取り組みます。

      時間数:実習 90時間
  • ワインと食を学ぶ

    ワインについて学ぶ科目としては「ワイン学基礎」及び「食とワインの哲学」の2科目があります。 それぞれ、講義に加えてテイスティングや実習などの実践的な授業で構成されており、ワインに関するあらゆる知識を身につけることができます。

    • ワイン学基礎
      現代の食の場におけるワインの提供、品質管理などを目的とした科目で、ワインの種類や味はもちろん、原料、生産工程、文化・歴史などについて、総合的に学びます。本科目では理論と実態を結びつけながら理解を深めます。

      時間数:講義 30時間

    • 食とワインの哲学
      本科目では調理、メニューのデザイン、盛り付け、サービス、科学など、それまでに学んだことを結びつけて自ら考え応用する力をつけます。
      テイスティング、グループワーク、実演授業など、受講者参加型の講義が多く含まれ、最終的には実際に食事の場を企画し、実行します。

      時間数:講義 45時間
  • 食業界を学ぶ

    現場を知ることも本プログラムの重要な要素です。業界訪問などを含む「インダストリー・ワークショップ」と、160時間にわたる実習を含む「特別インターンシップ」により現場感覚を養います。

    • インダストリー・ワークショップ
      本科目では、「特別インターンシップ」に先立ち、これまでに学んだ内容を社会で実際に活かすことを想定したワークショップを行います。
      実際に業界訪問を行い、経営や運営を行っている方の生の声を聞くことで、食に関わるビジネスのあり方について考えます。

      時間数:講義及び実習 計15時間

    • 特別インターンシップ

      本インターンシップでは、受講者が将来のキャリアを考えるサポートとなるような教育と実務経験の機会を提供します。実習はもちろん、その準備期間中に事前講義なども行われます。 インターンシップ先としては、飲食店やホテル、その他食関連の企業・組織を予定しています。

      時間数:講義 25時間 及び 実習 160時間

お問合せ

TOP