場所
学校を選択
もっと見る 表示しない
Le Cordon Bleu
  1. 学校を選択
    • カテゴリ選択
      • コースの選択
        • を選んでください
          私は
        • 日付の選択
          • 席数
              選択内容を確認する
              • キャンパス:
              • カテゴリー:
              • 講座:
              • 日付:
              • 席数:
              スクールバッグに追加済み
              • 講座:
              問題が発生しました

              支払に進む

              講座を探す

              キャンパス
              プロフィール
              もっと見る 表示しない

              インタビュー:
              神戸校卒業生
              加藤 久和

              インタビュー:神戸校卒業生 加藤 久和

              シトロン、ほうじ茶、ピスタチオ、八丁味噌……目移りするほどバラエティ豊かなフィナンシェの数々。素材にこだわったお菓子が並ぶフィナンシェリーアッシュは、全国的にも珍しいフィナンシェの専門店です。拠点である名古屋はもちろん日本各地にファンが多く、百貨店等の出店やイベントでも大人気。そのオーナーパティシエである加藤久和さんは、2006年に神戸校で菓子ディプロムを取得しました。

               

              インタビュー:神戸校卒業生 加藤 久和
              インタビュー:神戸校卒業生 加藤 久和

              大学卒業後にエンジニアとして仕事をしていた加藤さん。ふと立ち止まって人生を真剣に考えた時、学生の頃に飲食店で働いていたことを思い出し、「自分が目指すのはこれだ」と気づきました。後の独立も視野に入れ、お菓子の道を極めるべく神戸校に入学。ル・コルドン・ブルーのことは愛読していた雑誌を通して知っていたとか。一人で全部仕上げるスタイルや実践的で高度な授業内容が魅力で、「ここで学びたい」と思いました。

              神戸校では確かな基礎や伝統的な菓子の歴史など多くを学びましたが、特に心に刻まれたのは、菓子でも料理でもしっかりと自分を出していくこと。「きれいにまとめることも大事だけど、食べる人にどう感じてほしいのか意識するように」というシェフの言葉が忘れられないといいます。「当時の僕は作ることの先に食べてくれる人がいることが見えていなかった。今でも一番大切にしているシェフの教えです」。加藤さんは振り返ります。「シェフのお菓子は確実に僕の人生を変えてくれました」。

              卒業後は紆余曲折とさまざまな経験を経て、フィナンシェ専門店をオープン。自身を「職人というより、むしろビジネスマン」と笑う加藤さんは、現在、戦略的にプランを練りながら、経営や宣伝にも力を注いでいます。「将来はフィナンシェの本場パリでも僕のお菓子を皆に食べてもらいたいですね」。さらなる夢に向かって、目を輝かせます。

               

              インタビュー:神戸校卒業生 加藤 久和
              インタビュー:神戸校卒業生 加藤 久和

               

              ル・コルドン・ブルーを選んでよかったことは?
              尊敬できるシェフに出会うことができ、シェフのケーキやショコラを沢山経験できたこと。お世話になったシェフが僕の店に来てくれた時には感動しました。卒業後の今に至るまで交流が続いていることは本当に幸せだと思います。

              ル・コルドン・ブルーでの経験が今の仕事にどう活かされていますか?
              なにかお菓子を作るときはル・コルドン・ブルーのルセットでまず作ってみて、そこから自分のイメージで考えていきます。神戸校で学んだことが僕にとってはすべての基礎となっています。

              これからル・コルドン・ブルーで学ぼうと思っている人へメッセージをお願いします
              意欲のある生徒には、シェフはどこまでも教えてくれます。混ぜ方一つをとっても、なぜこの粉なのか? どうしてこのタイミングなのか? この温度なのか?……細かいことまで教えてもらえますし、授業後には美味しいケーキ屋さんも教えてもらえますよ(笑) とても恵まれた環境で、本気で学ぶならここしかないと思います。

              2017/11/14

               

              東京校 TOP

              神戸校 TOP

              News & Events

              TOP