ローディング中…

第4回 The Mystery of Japanese Ingredients

「昆布は日本で非常にベーシックな食材。日本料理という文化の根本に、昆布があると感じていました」今回、料理のテーマに選んだ理由をそう語るギヨムシェフ。
>続きを読む


Recipe

じっくり時間をかけてとても柔らかくなった仔羊。海の塩とハーブに漬け込み、鴨の脂でゆっくり火を通しました。旨みがいっぱいに詰まったジュージーなお肉に衣を着せた一品です。春の野菜を散らせ、柴タマネギのピクルスを添え、ミント風味のクリームをあしらってお召し上がりください。
>詳細はこちら


第3回 The Mystery of Japanese Ingredients

「私が初めて味噌と出合ったのは来日してすぐ。そう、味噌汁です。何の違和感もなく、好きになりました。ステファン・レナシェフがこの食材と出合ったのは7年前。「日本人なら誰もが親しむ味ですから、これから日本で料理をしていくなら、味噌を使わない手はないだろう、すぐにそう思いました」」
>続きを読む


第2回 The Mystery of Japanese Ingredients

2006年に来日して以来、まもなく10年が経つパトリック・ルメルシェフ。日本の文化も食材も大好きだというシェフが日本を感じる食材として、今回選んだのは“桜”。日本でも、とてもシーズナルな食材である。
>詳細はこちら

Increase font size  Decrease font size
ようこそ採用担当者様

こちらは企業の採用担当者様のための会員制のページです。

この採用担当者様のコミュニティでは、食の業界での求人情報を掲出することができます。

あなたが食の業界の企業の採用担当者様で、このオンラインコミュニティの会員になりたい場合は、下のメンバーシップの作成をクリックしてください。
お申込手続と確認には時間がかかる場合があります。予めご了承ください。

技術的な問題が発生した場合は、webmaster@cordonbleu.eduまでご連絡ください。

 

 

(*) 項目は全て入力必須です
オプション項目を隠しますか?

ログイン

ローディング中…