場所
学校を選択
Le Cordon Bleu
  1. 学校を選択
    • カテゴリ選択
      • コースの選択
        • を選んでください
          私は
        • 日付の選択
          • 席数
              選択内容を確認する
              • キャンパス:
              • カテゴリー:
              • 講座:
              • 日付:
              • 席数:
              スクールバッグに追加済み
              • 講座:
              問題が発生しました

              支払に進む

              講座を探す

              キャンパス
              プロフィール

              インタビュー:
              神戸校卒業生
              和栗 拓未

              インタビュー 神戸校卒業生 和栗 拓未

              大阪郊外にたたずむ“ル・ソレイユWAGURI”は、南仏の地方料理をベースに、化学調味料等を一切使用しない、身体と心にやさしい料理と空間を提供するフレンチレストラン。
              オーナーシェフの和栗拓未さんは、かつてホテルのベテラン料理人でありながら、フランス料理を基礎から学び直すためにル・コルドン・ブルー神戸校で料理ディプロムを取得したという経歴の持ち主です。

               

              インタビュー 神戸校卒業生 和栗 拓未インタビュー 神戸校卒業生 和栗 拓未

              以前ホテルの厨房で仕事をしていた頃の和栗さんは、料理人としてキャリアはありましたが、現場でのたたき上げ。毎日の仕事を問題なくこなし、料理の専門書を読み漁っていても、なにか納得のできない気持ちを抱えていました。
              そこで一念発起し、本場フランスの一流の味や技術を学ぶために、ル・コルドン・ブルーに入学。既にプロの料理人である和栗さんにとっても、授業は目から鱗の連続で、ワクワクしながら授業に臨むことが喜びだったと振り返ります。
              フランス料理の本質を改めて基礎から学べたことは、貴重な経験となりました。また、現場と同じ気持ちで挑むことで、授業がさらに価値あるものになったといいます。同じ目標を持つ仲間たちもみな真剣で、クラスの雰囲気もよく、前向きに参加することができたとか。そんな仲間やシェフ講師たちとは卒業後も交流が続き、現在に至るまでよい刺激になっています。

               

              ル・コルドン・ブルーを選んでよかったことは?
              本場フランスの味と一流の技術を学べたこと。一つの料理をグループではなく、すべて一人で作り上げることで、よい経験とノウハウを身につけることができました。

              ル・コルドン・ブルーでの経験が今の仕事にどう活かされていますか?
              「シェフが作る料理なら、なんでもおまかせで」こんな嬉しい言葉をお客様からいただけるのも、ル・コルドン・ブルーのシェフ講師陣から丁寧に指導してもらったおかげです。料理一つひとつの郷土的な背景や歴史観などがしっかり学べたことも、お客様との会話の中で大変役に立っています。

              これからル・コルドン・ブルーで学ぼうと思っている人へメッセージをお願いします
              本気でフレンチを学ぶつもりなら、ル・コルドン・ブルーがおすすめです。世界中のどこへ行っても通用するような、しっかりとしたスキルが身につく素晴らしい学校だと思います。

               

              東京校 TOP

              神戸校 TOP

              News & Events

              TOP