このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
ル・コルドン・ブルー・ニュース 11/05/2013
【代官山校】ギヨーム・ブラカヴァル氏によるスペシャル・デモンストレーション
印刷プレビュー
ル・コルドン・ブルー代官山校 招待シェフによる特別講座

11/22(金)ギヨーム・ブラカヴァル氏によるペシャル・デモンストレーション

ル・コルドン・ブルーでは、フランス料理芸術を継承しさらなる発展を促す教育機関として、現在活躍中の現役シェフ/パティシエやフランス美食文化関係者を招いた特別講座の企画・開設を実施しております。来る11月22日(金)には、ミッシェル・トロワグロに見いだされ、次世代フレンチを担う新生として注目されるギヨーム・ブラカヴァルシェフをお招きし、その華麗なる技を披露する公開講座を実施致します。

ギヨーム・ブラカヴァル氏によるペシャル・デモンストレーション

ギヨーム・ブラカヴァル プロフィール
1981年北フランス リル近郊生まれ。地元の調理師学校卒業後、「オテル・ド・クリヨン」、「アルページュ」(アラン・パッサール)、「ルドワイヤン」(クリスチャン・ルスケール)、「ランブロワジー」(ベルナール・パコ)などパリの名だたるミシュラン星付レストランで経験を積み、レストラン「アガペ」(ミシュラン1 つ星)ではシェフのポストを務める。2011年来日。「レストラン タテル ヨシノ 銀座」、「ラール・エ・ラ・マニエール」など東京のフレンチレストランで1年間勤務。帰国後ロアンヌ「メゾン・トロワグロ」を経て再来日。2012年8月より現職。

ギヨーム・ブラカヴァル氏は、1968年以来ミシュランの3つ星を保持している「メゾン・トロワグロ」のカリスマシェフ、ミッシェル・トロワグロに見いだされ、同氏がプロデュースする「キュイジーヌ[s]ミッシェル・トロワグロ」で2012年よりエグゼクティブシェフに就任しその活躍が注目されています。2011年の来日以来、日本の食材や和食への関心が高まり、和のテイストをフレンチに取り入れる姿勢は、日本の素材に精通していることでも知られるミッシェル・トロワグロ氏を連想させます。見た目の華やかさに加え、本当に必要な組み合わせで味、色、香りをまとわせる演出のテクニックはカリスマシェフに裏打ちされた技術力としてメディアでも高く評価されています。
当日の特別講義では前菜、メインに加え、「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」のシェフ・パティシエ、ミケーレ・アッバテマルコ氏によるデザートの実演も行われます。スペシャル・デモンストレーションは、在校生および一般の方も参加が可能です。3時間の特別講座内では実演に引き続きご試食および質疑応答も含まれます。この機会にぜひ、レストランでは触れることができない舞台裏のテクニックをご堪能ください。

 

開催概要

開 催 日: 11月22日(金)
時    間: 18:30~21:30(受付開始18:00~)
参 加 費: 一般参加 7,000円(税込・試食付)、
同窓会会員 5,000円(特別料金 / 税込・試食付)
申込締切: 11月18日(月) *先着順。申込締切前でも定員に達し次第、募集終了となります。
受講対象: どなたでもお申込いただけます。但し、授業は日本語で行われますので、日本語を母国語とされない方は日本語の聞き取りができる方。
会    場: ル・コルドン・ブルー代官山校
持 ち 物: 筆記用具、ノート、カメラ(動画録音は不可)

お問い合わせ:ル・コルドン・ブルー代官山校
TEL:0120-454-840
受付時間:火~金9:30-18:00 (13:00-14:00を除く)、
月・土・日・祝 9:15-18:00 (13:00-14:00を除く)

実演メニュー
♦ 前 菜 ホタテ貝のマノア風
♦ メイン シャラン産の鴨のスモーク
♦ デザート ドルチェ・フォルテ(かぼちゃ、くり、マスタード)

 

 

戻る Bookmark and Share
 
 
ローディング中…