このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
ル・コルドン・ブルー・ニュース 06/25/2013
【神戸校】菓子シェフ講師 シリル・ギャルサン SAYONARAデモンストレーション
印刷プレビュー
 

2009年秋に神戸校の菓子シェフ講師として着任し、4年間にわたり活躍したシリル・ギャルサンが、
7月末にて退職することとなりました。繊細な感覚と確かな技術に裏づけされた独創性に溢れた
数々のお菓子で、私たちを楽しませてくれたシリル・ギャルサンの、最後のSAYONARAデモンスト
レーションを2013年7月13日(土)に神戸校にて開催いたします。

 

菓子シェフ講師 シリル・ギャルサン
1979年フランス・グルノーブル近郊生まれ。16歳より料理学校へ通い、卒業後は菓子学校へ進学。1999年からパティシエとしてのキャリアをスタートさせました。 2001年より、グルノーブルにある『パティスリー・ミラディ(PATISSERIE MILADY)』にて、MOFショコラティエであるアンドレ・ロッセ氏のもとでパティシエ、ショコラティエとして経験を積み、2003年より、パリの『DELICABAR, SNACK CHIC』において、スーシェフパティシエとして、セバスチャン・ゴダール氏、ローラン・モレノ氏とともに働きました。2007年からはカタールのドーハにある高級ホテル『ラ・シガールホテル』のシェフショコラティエとして、ショコラやコンフィズリー等を担当。美しいチョコレートの数々は高い評価を得ました。
2008年に来日、関西に2つの店舗をもつパティスリー『グレゴリー・コレ』にて、セカンドショコラティエとしてラボラトリーの指揮をとり、その後2009年秋より、神戸校の菓子シェフ講師として、フランス内外で磨いてきた若い感性と高い技術を、皆様にお伝えしてまいりました。シリル・ギャルサンにとってお菓子とは、《食べる人を幸せにしてくれるもの》。
最後のSAYONARAデモンストレーションでも食べる人を笑顔にする幸せなお菓子をご紹介いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

 

開催概要

開 催 日: 7月13日(土)
時  間: 18:00 ‒ 21:00
会  場: ル・コルドン・ブルー 神戸校 
参 加 費: 7,000円(税込)
定  員: 40名

*定員になり次第、締め切ります
*当日のメニューは後日、発表予定

 

 

戻る Bookmark and Share
 
 
ローディング中…