このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
ル・コルドン・ブルー・ニュース 05/19/2013
【代官山校】招待シェフによる特別講座 松嶋啓介シェフによるスペシャル・デモンストレーション
印刷プレビュー
 

ル・コルドン・ブルーでは、フランス料理芸術を継承しさらなる発展を促す教育機関として、現在活躍中の現役シェフ/パティシエやフランス美食文化関係者を招いた特別講座の企画・開設を実施しております。来る6月13日(木)には、フランスおよび日本で新進のフレンチ・シェフとして活躍中の松嶋啓介氏を招き、その華麗なる技を披露する公開講座を実施致します。

 

ラタトゥイユ 松嶋啓介氏は、フランスの老舗グルメガイド『ミシュラン』で、外国人シェフとしては最年少で一つ星を獲得し、 話題を呼んだ日本人シェフです。その活躍の場は、日仏の国境を超えて展開され、2009年、東京・神宮前にオープンしたレストランでは日本で生産された食材を使ったフレンチを提唱、また、2013年フランス・パリで開催された日本食材の展示会では、日本酒に合わせたフレンチのオードブルを開発し日本食材とフレンチのマリアージュを提案するなど、日仏の架け橋的な活動も多岐に渡りされています。
多忙を極める松嶋啓介氏のスペシャル・デモンストレーションは、本校のシェフ講師陣のネットワークにより実現に至りました。 スペシャル・デモンストレーションは、在校生および一般の方も参加が可能です。2時間の特別講座内では実演に引き続きご試食および質疑応答も含まれます。この機会にぜひ、レストランでは触れることができない舞台裏のテクニックをご堪能ください。

 

松嶋啓介 ■松嶋啓介
20 歳で渡仏。各地で修行を重ねた後、ニースに「Restaurant Kei's Passion」をオープン。2006 年、レストランガイドブック「ミシュラン'06 年版」で日本人シェフとしては最年少で一つ星を獲得。同年、店名を「KEISUKEMATSUSHIMA」に改め、拡大オープン。以降これまで7 年連続星を維持。2009 年春には東京・神宮前に新店舗 「Restaurant-I」(レストラン アイ)をオープン、同店も2 年連続一つ星を獲得。シュバリエの文化勲章を授与される。

 

開催概要

開 催 日: 2013年6月13日(木)
時  間: 19:00-21:00 (受付開始18:30~)
会  場: ル・コルドン・ブルー代官山校
*授業は日本語で行われます。
受 講 料: 一般7,000円、同窓会会員3,000円
(特別料金/税込/試食付)
持 ち 物: 筆記用具、ノート、カメラ(動画録音は不可)
申込締切: 6月10日(月)14:00
締切までにウェブサイトからお申し込みください。お申し込み者多数の場合は、先着順にて予定の締切日時よりも早く満席になることもございます。予めご了承の程、どうぞよろしくお願いします。

お問い合わせ:ル・コルドン・ブルー代官山校
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-13 ROOB-1
0120-454-840

講義のテーマ:ジャパ・ニース(ジャパン+ニース)
実演メニュー:前菜、メイン、デザートの3品
♦アントレ "まぐろ(の赤身)"
・・・ニース風サラダ、ソース・ジャパニース
♦魚料理 "スズキ キング"
・・・ジャガイモのクルート、ヤリイカとインゲン・バジル風味、松の実のピューレ
♦デザート "フルーツのミネストローネ・バジル風味"
・・・マリブのグラニテ、ココナッツのソルべ

 

» お申し込みはこちら
※スマートフォン・タブレットユーザの方は、PCサイトからのお申込みをお願いいたします。

 

戻る Bookmark and Share
 
 
ローディング中…