場所
学校を選択
Le Cordon Bleu
  1. 学校を選択
    • カテゴリ選択
      • コースの選択
        • を選んでください
          私は
        • 日付の選択
          • 席数
              選択内容を確認する
              • キャンパス:
              • カテゴリー:
              • 講座:
              • 日付:
              • 席数:
              スクールバッグに追加済み
              • 講座:
              問題が発生しました

              支払に進む

              講座を探す

              キャンパス
              プロフィール

              インタビュー
              日本校卒業生
              BoboLee

              Meet Bobo Lee, Alumnus Pastry Diploma

              BoboLeeはル・コルドン・ブルー東京校を卒業後、上海でBoboLEE Cakeを設立。自分のスタジオを持ち、オーダーメイドにこだわった最高品質のケーキを提供しています。オンラインショップのマーケティング、PR、物流手配を担当するのはビジネスパートナーのAndrew Liu。Boboのビジネス成功への鍵は二人の完全な役割分担にあるといっても過言ではないはず。

               

              Meet Bobo Lee, Alumnus Pastry Diploma

              ケーキデザイナー&パティシエであるBoboLeeの作品には、菓子ディプロム卒業生としての血統が脈々と受け継がれています。Boboのケーキはまぎれもなくフランス流ですが、そこには日本独特の繊細さ、優美さ、そして洗練された簡潔さがあります。まさに、ル・コルドン・ブルー日本校の卒業生が持つ特有のスタイルといえるでしょう。

               

              Meet Bobo Lee, Alumnus Pastry Diploma

              パティスリーやウェディングケーキのクリエイションのみならず、最近ではデビッド・ベッカムがプロデュースするウィスキー、ヘイグ・クラブのプライベートディナーパーティーでシェフパティシエを務めるなど活動の場は広がります。その活躍はさらに世界レベルへ。最近では、トム・ウルフ(イギリスの有名なセレブリティフードアーティスト)やスティーブン・リュー(現在中国で最も注目を浴びている料理シェフ)とコラボレーションするなど、これからのBoboLeeはますます見逃せません。

               

              Meet Bobo Lee, Alumnus Pastry Diploma

              ル・コルドン・ブルー・ジャパンでの経験は一言でいうとどのようなものでしたか?
              単に製菓技術の習得だけではなく、それ以上のものを得ました。特にクラスメイトやシェフとの交流からは多くを学び、僕の視野は大きく広がったと思います。僕にはなじみの薄かった「匠の精神」。これを体現する雄二シェフを筆頭とした日本人シェフ達にも強く感銘を受けました。

              ル・コルドン・ブルー日本校で得た最も大きなものは何ですか?
              僕は現在BoboLEE Cakeという自身のブランドを立ち上げ活動していますが、僕がデザインするケーキの多くはシンプルでエレガント。味と品質が重要なのはもちろんですが、こうしたシンプルな美的表現やミニマルなデザインのアプローチは日本のル・コルドン・ブルーで学んだものです。

              菓子ビジネスを目指している人へのアドバイスはありますか?
              まずは絶対に成功するんだという情熱。そして常に学び続け自分を改善しようとする意志が必要だと思います。

               

              東京校 TOP

              神戸校 TOP

              Related Pastry Courses

              Tokyo
              TOP