このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
ル・コルドン・ブルー・ニュース 02/19/2008
「ジャガイモ:隠された宝物」
印刷プレビュー
ル・コルドン・ブルー オタワ校

(オタワ 2007215) ユネスコ事務総長デビッド・ウォルデン氏並びにカナダ国連協会の支援の下、ル・コルドン・ブルーインターナショナルはオタワ校において国際ポテト年を221日に祝います。

ル・コルドン・ブルーは、そのフランス料理芸術への専門技能と認識を保ち受け継ぐことへの献身の精神のもと、ユネスコ事務総長デビッド・ウォルデン氏並びにカナダ国連協会の支援を受け、2008年の国際ポテト年を祝います。

ル・コルドン・ブルーオタワ校において、2008年2月21日にセレモニーを開催します。プログラムは、4時30分からの記者会見から始まり、ル・コルドン・ブルー ペルー校からのホセ・メザシェフによる様々なじゃがいも料理のデモンストレーションが行われます。6時からは、じゃがいもを使ったレセプションがコワントロの間で始まり、6時30分から「ジャガイモ:隠された宝物」ガラディナーが5つ星レストラン ル・コルドン・ブルー「シグニチャー」で開催されます。
このイベントは、国連の環境を守りながら、極端な貧困と飢餓を撲滅する「ミレニアム開発目標」に基づき、じゃがいもの生産と消費の重要性を強調するものです。国連総会は、その主要なパートナーを指名するにあたり、国連、国際連合食糧農業機関、各国政府、NGO団体、生産者、そして民間企業が、この国際ポテト年2008の期間、またその後も引き続き、ともに活動する必要性を訴えました。

国際ポテト年2008の目的は、生産者から科学者、政策立案者まで、真の世界的穀物としてのじゃがいもの生産、消費、取引を促進することを促すことにあります。“ホスピタリティ教育機関の世界的リーダーであるル・コルドン・ブルーの役割と任務は、このような重要な役割のために働くことにあります。私たちは、このような世界的に重要な運動に取り組んでいるユネスコのカナダ委員会ならびにカナダ国連協会と、パートナーとして活動できることを誇りに思っています。カナダはじゃがいもの生産高が世界12位にランクされており、この地域的な催しによって、ますますカナダ国内に2008年世界ポテト年に対する興味と認識を高めることを期待しています。”とル・コルドン・ブルーインターナショナル会長アンドレ・コアントロは述べています。

年々、ル・コルドン・ブルーは50を越えるこのような国際的な催しやプロのための会議、コンテストの審査員を務めています。ル・コルドン・ブルーはパリのアリアンス・フランセーズ、IACP(International Association of Culinary Professionals)、などのフランス料理、文化団体の活発なメンバーでもあります。

国際ポテト年は、世界のル・コルドン・ブルーで、特にペルー校において祝われる予定です。ペルーは、8000年前、現在のボリビアとの国境近くで初めてじゃがいもが栽培された場所でもあります。インカ文明は、月が女性に多産を授けると考え、母なる大地にその収穫期にじゃがいもをささげました。これは、ケチャン族の言葉でじゃがいもは“kausac”といいますが、それは“生命を与えるもの”という意味です。それは、ペルーのイニシアチブで、最先端FAOと国連総会において採択された世界の飢餓や貧困に対抗する最前線です。

”なぜじゃがいも?“

国際連合食糧農業機関と国連総会は、ペルーの提唱による世界の飢餓と貧困撲滅運動におけるじゃがいもの重要性に注目を採択しました。

国際ポテト年(IYP)の催しは、じゃがいもの、そして農業一般への重要性への意識を高めることを意図しています。世界的な心配、環境への脅威、貧困と飢餓を含めた問題を提唱しています。

じゃがいもは飢えた人々に食料を提供します
じゃがいもは貧しく飢えている人達に栄養価の高い食物を提供する重要な穀物の一つです。

これからの20年間、世界の人口は年間1億人以上のペースで増えていくことが予測されています。この中の95%は発展途上国での人口増加であり、そこでは土地と水に非常に強いストレスがかかっています。国際社会は、現在、また将来において人類が頼ることになる資源を守りつつ、食料の確保を保証することに挑戦しています。じゃがいもはこうした挑戦の一環です。

体に良い食べ物、じゃがいも
じゃがいもは良いエネルギー源となる炭水化物を含んでいます。

じゃがいもの増産への需要:世界のじゃがいもの生産量は、過去10年間で年間4.5%の割合で増えており、特にアジアの発展途上国における他の多くの主要な食料品の生産の増加を上回っています。

 

この件に関する詳細についてのお問い合わせ、並びに記者会見、デモンストレーションへの出席申し込みは、下記までどうぞ。

Pamela Bakalian

PR and Media Relations

Le Cordon Bleu Culinary Arts Institute Ottawa 453 Laurier Avenue East K1N 6R4 Ottawa ON

613- 558 98 56

613- 236 24 33 ext 230

pbakalian@cordonbleu.edu

戻る Bookmark and Share
 
 
ローディング中…