このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
ル・コルドン・ブルー・ニュース 01/31/2008
ル・コルドン・ブルー・インターナショナル会長 アンドレ・J・コアントロ  レジオン・ドヌール勲章を受勲
印刷プレビュー
アリアンス・フランセーズ会長

ジャン・ピエール・ドゥ・ロノワ氏より、料理教育を通じてフランスの食文化を世界に広めたその功績をたたえ、ル・コルドン・ブルー・インターナショナルの会長 アンドレ・J・コアントロが、レジオン・ドヌール勲章を授与されました。 2008年1月23日、エッフェル塔を臨むシャイヨー宮に昨年9月に完成したばかりの建築および文化財会館(La Cite de l’Architecture et du Patrimoine Palais de Chaillot)にて式典がとりおこなわれました。

レジオン・ドヌール勲章(Legion d'honneur 名誉の軍)は、1802年に、ナポレオン・ボナパルトによって制定されたフランスで最高位の勲章です。

アンドレJ.コアントロは、レミーマルタンコニャック、およびコアントロリキュール創設者の直系子孫です。HEC経営大学を卒業後、コアントロはそのキャリアをユニリーバと、のちのアメリカンエキスプレス銀行でスタートしました。

コアントロが会長に就任した1984年以降、彼のリーダーシップのもと、ル・コルドン・ブルーは、世界でも有数の料理教育機関に成長しました。
現在、ル・コルドン・ブルーは、15カ国で30の料理学校を持ち20,000人の生徒たちが学んでいます。また世界の大学や学術機関とアカデミックな提携関係やパートナーシップを結んでおり、フランス、イギリス、日本、カナダ、オーストラリア、アメリカ、ブラジル、ペルー、メキシコそして韓国に料理学校を開き、世界中の政府、大学、料理組織、およびホスピタリティー産業から招かれ、高度なパートナーシップを結ぶにいたっています。
今日では、ル・コルドン・ブルーの教育の範囲は、料理のみならず、オーストラリアのアデレードで展開されているホスピタリティビジネスにおける学士号、そしてMBAプログラムをも含みます。

また、コアントロ会長のビジョンと指揮のもと、ル・コルドン・ブルーブランドの料理道具、アクセサリー、テーブルウェア、料理の本、クッキングビデオ、フード&ワイングルメ商品の開発も積極的に行っています。さらに、ル・コルドン・ブルーのブランドネームの名前を冠したティールーム、カフェ、ベーカリーショップ、レストランも開店しています。

明確なビジョンと多大な影響力を持ち、最高クラスのシェフのチームを率いて、コアントロ会長は、世界中の伝統的および現代的料理に今も影響を与えつづけているフランス料理のテクニックをアピールしつつ、彼自身の哲学でもある「料理芸術」と「生活芸術」を世界中に広めています。

受勲を記念する祝賀パーティは、ル・コルドン・ブルーのシェフと生徒達によって運営され、ル・コルドン・ブルーのプログラムで教えられているフランス料理の粋を極めたものでした。

詳細に関するお問い合わせはparis@cordonbleu.eduまでどうぞ。

戻る Bookmark and Share
 
 
ローディング中…