このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
ル・コルドン・ブルー・ニュース 08/01/2013
 
印刷プレビュー
 

Share: Facebook Twitter More...

レシピについて

うどんに添えた出汁つゆは、旨味成分が豊富で、なめらかなうどんの麺と良く合います
日本語から見てとれるように、旨味という言葉は、基本の4味覚の「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」に加えて、第五番目の味覚としてとらえられることがあります。
常温の出汁つゆや麺と好対照に、天ぷらは熱々のさくっとした状態で提供します。

豆腐と人参の天ぷらうどん

材料: 4人分

調理時間: 45分

レシピの食材:

  • だし昆布
    濃口醤油
    うどん(乾麺)
    木綿豆腐
    味醂

 

材料

※昆布は前日に準備する
うどんのつゆ
昆布 一切れ(5×2cm)
水 600ml 
濃口醤油 150ml
味醂 60ml
おろし大根 200g
おろし生姜 100g
万能ねぎ(小口切り)2本

うどん
うどん(乾麺) 400g

豆腐と人参の天ぷら
揚げ油 適量

天ぷら衣

卵黄 1個
氷水100ml
薄力粉60g
塩   適量

木綿豆腐(2cmの賽の目に切る)200g
人参(千切りにする) 2本
あしらい
海苔(18×5cm千切りにする)1枚

トップへ戻る

調理方法

  1. 昆布と水をボールに入れ、一晩置く。
  2. うどんつゆ:一晩置いた昆布と戻し汁を火にかけ、沸騰直前の火加減を保ちながら20分煮る。煮汁をボールに漉し、そのまま冷ます。濃口醤油と味醂を加える。
    (昆布は取り除く)
  3. うどん:沸騰したお湯に軽く塩をして、うどんが柔らかくなるまで茹でる。冷たい水で洗い、うどんを冷ます。冷えたら取り置く。
  4. 木綿豆腐と人参の天ぷら:揚げ油を180℃に熱する。大きめのボールに卵黄、氷水、薄力粉を入れ、さくっとかき混ぜる。塩で味をととのえる。穴杓子に賽の目に切った豆腐を乗せ、天ぷら衣をつけて、油の中に静かに落し入れる。表面が香ばしいきつね色になるまで、2分揚げる。キッチンペーパーにのせて油を切る。千切りにしたにんじんも同様に2分揚げ、キッチンペーパーにのせて油を切る。
  5. 盛りつけ:うどんつゆを4つのどんぶりに取り分け、おろし大根、おろし生姜、万能ネギを加える。うどんを中央に盛りつけ、豆腐の天ぷら、人参の天ぷらをのせる。飾りに、海苔の千切りをあしらう。

トップへ戻る



Find out more...

その他のレシピ

  • 【季節のレシピ】イギリス風 赤いベリーのプディング(サマープディング)
  • 赤いベリーのプディング(サマープディング)は、イギリスの代表的なデザート。フランスの伝統的なお菓子シャルロットに由来するものです。バラエティに富んだジューシーな赤いベリー類(フリュイルージュ)を閉じ込めた、色鮮やかで爽やかな夏のレシピです。
  • 【季節のレシピ】スパイシー シーフード エストファド
  • メキシコやラテンアメリカの味からインスピレーションを受けたレシピ。新鮮な魚介類を使った、スパイスの効いたこくのある豊かな風味の一皿です。
  • 【季節のレシピ】コーヒー風味のスフレ・グラッセ
  • ル・コルドン・ブルーの書籍最新刊「In the Kitchen with Le Cordon Bleu 」から、レシピをお届けします。
  • 【季節のレシピ】アサリのタリアテッレ
  • ヴェニス生まれの、生パスタと貝類で簡単に出来る上品な一皿。レモンバターソースのリアテッレに、アサリが繊細な磯の風味を醸し出します。

    クイックリンク

    戻る Bookmark and Share
     
     
    ローディング中…