このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
東京校ホーム
ル・グラン・ディプロム Show Subnav
受講プログラム
料理講座 Show Subnav
菓子講座 Show Subnav
パン講座 Show Subnav
シェフ講師のご紹介
プロフェッショナルシリーズ Show Subnav
本科パン講座上級コース パンビュッフェ予約開始
学校説明会・学校見学
サブリナ/デビュー・レッスン Show Subnav
アトリエ・特別講座 Show Subnav
ワイン講座 Show Subnav
チーズ講座 Show Subnav
紅茶講座 Show Subnav
コーヒー講座 Show Subnav
フランス美食文化講座 Show Subnav
調理師資格サポート
コラム 日本食材の不思議
生徒さんの声 Show Subnav
お申込み Show Subnav
よくあるご質問
アクセス・お問合せ
La Boutique (Online Shop / Cafe) Show Subnav
ライセンス Show Subnav
 
Increase font size  Decrease font size
ル・コルドン・ブルー 代官山校
~料理講座修了後のストーリー~

フランスの名門料理学校ル・コルドン・ブルー日本校では、日本にいながらにして、フランス料理・菓子・パンの本場の味と技を学ぶことができます。
その卒業生たちは、さまざまな食に関わる仕事で活躍しています。

ここでは、料理講座修了後のストーリーをご紹介します。

 

 

ライフスタイルを提案する書店、代官山蔦屋書店で"料理書コンシェルジュ"として活躍する卒業生!

代官山蔦屋書店
代官山校 料理ディプロム取得
後藤奈岐さん

 

 

代官山校で料理ディプロムを取得した後藤奈岐さん、2014年1月17日に実施予定で『チーズの魅力』をテーマにル・コルドン・ブルーとのコラボレーションイベントを準備中です。イベントの打ち合わせを重ねる際に、代官山校で料理を学んだきっかけについて伺いました。

『学生時代にフランス文学を専攻し、フランスの文学や文化に興味がありました。
映像翻訳とナレーション収録のディレクターしながら、大学院でフランス系映画理論を学ぶうち、文学や映画にとどまらず、フランスの食文化にも興味が広がり、修士課程を修了した後、時間に余裕ができたためフランス料理の技法とその背景にある食文化が学ぶためコルドンの料理コースで学びディプロムを取得しました。
その後、2011年に代官山蔦屋書店のオープンに合わせた「料理書コンシェルジュ」の募集に応え、専門料理書と料理関係の洋書のコンシェルジュになりました。現在は、日本語・フランス語・英語の料理書の選書ディスプレイを行うほか、専門料理に関するイベント、フェアなどを担当。昨年は、アラン・デュカス氏やローズ・カッラリーニ氏など、国内外のゲストを呼んだイベントも開催できました。
オープンから2年を経て、専門料理書の充実した書店という認知もされるようになってきて、数多くの料理人や料理に携わる人々に足を運んでいただいています。書店という場から、食にまつわる文化を発信していきたいと思っています。』

代官山蔦屋書店

代官山蔦屋書店
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
HP:tsite.jp/daikanyama/store-service/tsutaya.html

 

 

料理人の世界でマーケティング担当として活躍!

マキシム・ド・パリ株式会社
代官山校 料理基礎・初級コース修了
古川映月さん

 

 

代官山校で料理の基礎と初級を学んだ古川映月さん、社会人としてのキャリアは商社でスタートしたそうです。商社では主に広報としてのキャリアを積み、その後転職され、フランス三ツ星レストランやシェフ、パティスリーのブランド、フランス農水省外郭団体等のマーケティング、広報、プロモーションを担当。元々料理好きなご家庭に育ったという古川さん、料理人に寄り添う仕事がしたい、という思いで改めて「料理」を学ぶことに。
『20年前、家族でフランスに住んでいたことがあり、家でお教室を主宰していた母が、ル・コルドン・ブルーのパリ校に菓子を習いに通っているのを見て、自分もいつか、この学校で学びたい、と漠然と思っていました。実際に仕事で広報という立場で料理の世界に携わることになり、作り手である料理人の情報をより豊かに表現したい、と考えたときに、ル・コルドン・ブルーで料理を学ぶ、というかつてのあこがれを実現することになりました。』と古川さん。

現在は、マキシム・ド・パリ株式会社でマーケティングを担当し、日本で展開する「マキシム・ド・パリ」の店舗や、パリのブーランジェリー「ドミニク・サブロン」日本国内のショップのプロモーションを手がけています。11月20日に予定されているル・コルドン・ブルー代官山校と「ドミニク・サブロン」のコラボレーションによる特別デモンストレーションも古川さんがシェフや関連スタッフとの連携に活躍されています。

今後は、『フランスの食文化は歴史あるものですが、敷居が高い、手の届かないものではないと思います。もっと身近に、気軽に楽しんで頂けるように日本とフランスの架け橋となって食文化を軸に交流を進めることに貢献していきたい。」とのこと。 働きながら「料理」を学び、仕事に生かしている古川さんのさらなる活躍に期待しております!

代官山校 料理基礎・初級コース修了 古川映月さん

マキシム・ド・パリ株式会社
HP:ginza.maxim-s.co.jp

ドミニク・サブロン
HP:ds.maxim-s.co.jp

 

 

フレンチ激戦区の神楽坂でカフェ&ビストロをオープン!

A' Point(ア・ポワン) Bistro café
代官山校 料理ディプロム取得
飯田大貴さん

 

 

ル・コルドン・ブルー代官山校で菓子と料理を学んだ飯田大貴さんがフレンチの激戦区「神楽坂」に新規出店。
フレンチをベースに、お昼は「パリご飯」、午後はカフェ、夜はディナー&アラカルト共に楽しめるビストロとして4月8日から営業開始します。店名の「ア・ポワン」は、フランス語の「ポワン(点)」から、お店を訪れた人たちが「点」と「点」、いつかは「線」になってつながっていけるように、と願いを込めたそうです。また、「ア・ポワン」には、「ちょうど良い」という意味もあり、お料理も空間も"ちょうど良い"、居心地の良い空間作りを目指したい、とも。お母様がシャンソン歌手、お姉様が映画学校卒業のアーティスト一家が手がけるカフェ&ビストロは、音楽ライブや映画の上映会、ワークショップやお教室など料理・音楽・映画を軸に様々な展開でイベント企画が準備されているそうです。 お料理にプラスα、様々なアートに出会える場所として「ア・ポワン」からつながってみませんか?

A' Point(ア・ポワン) Bistro café

A' Point(ア・ポワン) Bistro café
〒162-0825
東京都新宿神楽坂6-66 番地宝生堂ビル2F
TEL:03-5579-8930
HP:http://www.apoint-art.com/

 

 

池袋に洗練されたカジュアルをコンセプトにフランス料理のお店をオープン!

シュヴァル・ドゥ・ヒョータン
代官山校 料理ディプロム取得
川副藍さん

 

 

ル・コルドン・ブルー代官山校で料理ディプロムを取得した川副藍さんが池袋に洗練されたカジュアルをコンセプトにフランス料理のお店を開きました。
商業施設や劇場、大学や専門学校も多い新宿に並ぶ巨大都市池袋。大きな街でありながら落ち着いて時間を過ごせるお店が少ないと思っていた人も多いのでは?そんな池袋に上質な時間を過ごせるフレンチレストランをつくりたい、という想いでこのお店がスタートすることになったそうです。コンセプトは「洗練されたカジュアル」。フレンチの伝統技法をベースにしながら軽やかに仕上げた料理で、肩肘張らずに上質な空間・時間を楽しんで頂くことを目指す、とのこと。
『会社勤めをしていた私が、フランス料理に魅せられてル・コルドン・ブルーに通った結果、こうして自分のお店をオープンすることになって、本当に幸せです。この思いを料理に込めて、食べることの幸せを表現してきたい』と川副さん。お店の名前は『シュヴァル・ドゥ・ヒョータン』(フランス語で「瓢箪から駒」の意) 池袋の喧噪を抜けてたどり着く大人の空間。瓢箪から駒が出るサプライズを楽しんでみるのはいかが?

シュヴァル・ドゥ・ヒョータン

シュヴァル・ドゥ・ヒョータン
〒171−0021
東京都豊島区西池袋3-5-7 西池袋ウィルコート1F
TEL:03-5953-3430
HP:cdhyotan.com

 

 

湘南に地元の厳選食材を使ったフレンチ・デリのお店をオープン!

pimoniho(ピモニホ) 
代官山校 料理ディプロム取得
長谷部砂織さん

 

 

ル・コルドン・ブルー代官山校で料理ディプロムを取得した長谷部砂織さんが湘南にフレンチ・ デリとキッチンツールのお店を開きました。
コンセプトは「ここちよい食事の時間」。小さい頃からの「食」へのこだわりに学生時代から専門にしていたアート・デザインの仕事を組み合わせて夢を実現。
湘南で厳選の地元食材から、使い勝手の良さに微笑みたくなるキッチンツールまで「食事の時間」を演出するのに役立つ品々を揃えたそうです。
『(ル・コルドン・プルーに通っている間は)仕事との両立で厳しいこともありましたが、料理をする事の楽しさや食の奥深さに魅了されていきました』
お店の名前は"pimoniho(ピモニホ)"毎日元気をくれる猫たちの名前から名付けたとのこと。
湘南の心地よい風に吹かれて初夏を楽しむスポットとして訪ねてみてはいかがでしょう?

pimoniho(ピモニホ)

pimoniho(ピモニホ)
〒251-0031
神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷3-4-22
TEL:0466-23-2705
HP:pimoniho.com

 

 

 

↑ル・コルドン・ブルー日本校トップページへ

   
 
ローディング中…