このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
東京校ホーム
ル・グラン・ディプロム Show Subnav
受講プログラム
料理講座 Show Subnav
菓子講座 Show Subnav
パン講座 Show Subnav
シェフ講師のご紹介
プロフェッショナルシリーズ Show Subnav
本科パン講座上級コース パンビュッフェ予約開始
学校説明会・学校見学
サブリナ/デビュー・レッスン Show Subnav
アトリエ・特別講座 Show Subnav
ワイン講座 Show Subnav
チーズ講座 Show Subnav
紅茶講座 Show Subnav
コーヒー講座 Show Subnav
フランス美食文化講座 Show Subnav
調理師資格サポート
コラム 日本食材の不思議
生徒さんの声 Show Subnav
お申込み Show Subnav
よくあるご質問
アクセス・お問合せ
La Boutique (Online Shop / Cafe) Show Subnav
ライセンス Show Subnav
 
Increase font size  Decrease font size
ル・コルドン・ブルー 代官山校
~菓子講座修了後のストーリー~

フランスの名門料理学校ル・コルドン・ブルー日本校では、日本にいながらにして、フランス料理・菓子・パンの本場の味と技を学ぶことができます。
その卒業生たちは、さまざまな食に関わる仕事で活躍しています。

ここでは、菓子講座修了後のストーリーをご紹介します。

 

クリエイターとしての気持ちと商品への厳しい目でヒット商品を開発!

Poche de Rêve(ポッシュ・ドゥ・レーヴ芦屋)
代官山校 菓子ディプロム取得
伊東福子さん

 

 

代官山校で菓子ディプロムを取得した伊東福子さんがオーナーパティシエールとして店を開店したのは2009年。「Poche de Rêve」"夢のポケット"と名づけられた店名にはパティシエールの夢、想いが込められています。ポケットというフランス語の"Poche"には「絞り袋」という意味もあります。"口金を変えることで色々な形に絞ることが出来る製菓道具の絞り袋は、パティシエールとして無限にある夢を形作っていきたい"と。
学校職員だった伊東さんがパティシエールに憧れ、ル・コルドン・ブルー代官山校で学び始めたのが24才。ディプロム取得後26才からの再就職という遅いスタートは困難ばかりだったそうです。『思い描いていた夢は現実と異なりギャップと葛藤の日々が続きました。けれども、その頃の下積みがあったからこそ、いまプロとしての自分を力強くしている』とのこと。 『"ここにこんな店を作ってくれて、ありがとう!"って声をかけられたときは本当に嬉しい!』店では毎日、何百何千ものお菓子を製作しているけれどお客様が手に取るときはそのお客様にとって「たったひとつのお菓子」そう思うといかなる理由でも妥協はできない。"ここにしかないお菓子"を作り続けるには、クリエイターとしての気持ちと商品への厳しい目を持たなければならない、と。
ル・コルドン・ブルーで学んでいた頃を振り返って、自分と同じように夢を持って学んでいる在校生には、『自分の目指す未来について具体的なイメージをしっかり持って技術を学んで欲しい。』とアドバイスをくれました。 お客様の笑顔のために、厳しい現実を乗り越えているプロとして、貴重なお話を伺えました。

Poche de Reve ポッシュ・ドゥ・レーヴ芦屋

Poche de Rêve
ポッシュ・ドゥ・レーヴ芦屋

兵庫県芦屋市公光町9-7 モントルービル101
TEL/FAX:0797-32-0302
HP:www.poche-du-reve.com

 

 

 

ティールーム&洋菓子教室で理想を実現!製菓と料理を極めてたどり着いた「オリジナルスコーン」!

Tetbury-Scone&TEA-
代官山校 グラン・ディプロム取得
吉澤るり子さん

 

代官山校で料理と菓子を学び、グラン・ディプロムを取得した吉澤るり子さん、神奈川・横浜市青葉区でティールーム&洋菓子教室「Tetbury Scone&Tea」を主宰し、英国菓子・フランス菓子・ヨーロッパのお料理を中心にお茶と楽しむ食の提案を行っています。
学生時代に英語を専攻、英国留学中に出会ったスコーンがきっかけで現在の活動をされているそうです。
スコーンが焼き上がるまでの15分間、オーナーシェフも交えて会話を楽しむゆとりの食文化を日本でも広げたい、と心に決めてから製菓の基礎を学ぶべく代官山校に通い始め、ディプロム習得後、渡欧。さらに料理も学んだそうです。フランスやイギリスで製菓・紅茶を学びスリランカへ紅茶研修の経験も!
「好き」を極めて展開するティールーム&洋菓子教室「Tetbury Scone&Tea」ではスコーンの焼き上がる15分間を楽しめる理想の空間が実現されています。
「外はサクっ、中はふんわり」クロテッドクリームとジャムを添えて、焼きたてのスコーンセットを看板に、サイドメニューと呼ぶにはもったいないこだわりのメニューが並び、日本にいながらヨーロッパ気分を満喫できそうです。 「日本中のオーブンからスコーンを焼く香ばしいにおいが漂ってくることを真剣に夢見て、スコーン教室、お菓子教室も定期的に開催して参ります」と吉澤さん。

午後のティータイムで癒されたい時におすすめです!

Tetbury-Scone&TEA-

Tetbury-Scone&TEA-
神奈川県横浜市青葉区美しが丘 5-2-14
TEL/FAX:045-904-7101
HP:tetbury.co.jp

 

 

素材や健康に配慮した商品開発で台湾の製菓業界に旋風を巻き起こすユニットが誕生!!

moricaca モリカカ/森果香
代官山校 菓子中級コース修了
陳致宏さん

 

代官山校で菓子講座を受講した台湾出身の陳致宏さん。クラスメートとして知り合い親友になったという日本人の八谷一平さんと一緒に、台湾の台中で「モリカカ」という洋菓子ブランドを立ち上げました。日本で外資系輸入食品会社勤務を経て経営大学院へ進み、かねてから興味のあった「食」の世界での起業に向け準備していた時にル・コルドン・ブルーを知り、菓子の集中講座で不足していた専門知識を補うことにしたそうです。
「慣れない厨房での作業、最初は大変でしたが中級を修了する頃にはスピード感や完成度もあがりました。厳しい顔で細かく指導をしていたシェフも次第に笑顔に変わっていったのが思い出深いです」と陳さん。
台中からスタートした洋菓子ブランド「モリカカ」、半年後には台北の人気百貨店へ出店を果たした偉業は、台湾の製菓業界初の快挙と大変話題になっているそうです。ル・コルドン・ブルーのクラスメート・ユニットが開発する話題のスイーツ、台湾を旅行する際に立ち寄りスポットとしてチェックしておきましょう!

moricaca モリカカ/森果香

moricaca モリカカ/森果香
■台中公益店Taichung
台中市西區公益路349號
TEL:04-23296656
■忠孝SOGO店Taipei
台北太平洋SOGO忠孝館B2
台北市忠孝東路四段45號
TEL:02-27313539
HP:www.moricaca.com

 

 

板チョコをキャンバスに、"贈る"気持ちを描くチョコレートショップ!

CHOCOFUNNY TOKYO JAPAN
代官山校 菓子ディプロム取得
高橋理砂子さん

 

代官山校で菓子を学んだ高橋理砂子さん(旧姓・大野さん)、2012年12月、東京・武蔵小金井に小さなアトリエ&お店をオープンしました。六本木のショコラトリー「ル ショコラ ドゥ アッシュ」で店長としてマネージメントを担当していたときに出会った仲間と開いたそうです。コンセプトは"日常をちょっとした晴れの日にするために気持ちを形にするお店"。薄さわずか5mmの板状チョコレートに、メッセージと一緒に贈る気持ちを飾るオーダーメイドスタイル。世界でも数少ないフランス産のオーガニックチョコレートを基本材料に、ひとつひとつ丁寧に、贈る側の気持ちを形にしているそうです。
「世界に1つだけ、甘くて心温かくなるプレゼントに喜んでもらいたい」と高橋さん。
アトリエに併設の小さなお店には焼き菓子やシュークリームが並び、近所の小学生がおやつを買いに立ち寄ってくれるそうです。注文を受けてからクリームを詰めるシュークリームは、すぐに売り切れてしまう人気商品のひとつ。さらに、日本独特の食材「山椒」「ほうじ茶」や日本古来の製法でつくられた「塩」などを使った板チョコレートも好評、とのこと。小さな常連さんたちの口コミ効果で、お母様達からのギフト需要も増えているそうで、リクエストに合わせて開発されるギフト商品や小金井のご当地スイーツ企画など、晴れやかな気分が次々と形になってお店に飾られています。母の日のプレゼントやウェディングギフトに、伝えたい想いをオーダーメイドできるのは嬉しいサプライズ演出ですね!

Tortelicious Cake Salon

CHOCOFUNNY TOKYO JAPAN
〒184-0004
東京都小金井市本町5-31-5
TEL:042-403-0604
HP:chocofunny.com

 

 

横浜元町でお菓子教室をオープン!

Tortelicious Cake Salon
代官山校 菓子ディプロム取得
ヴァイディンガー美穂さん

 

ル・コルドン・ブルー代官山で菓子ディプロムを取得したヴァイディンガー美穂さんが神奈川県、横浜元町のご自宅で少人数制のお菓子教室「Tortelicious Cake Salon」をオープンしました。
大学卒業後は旅行会社や外資法律事務所に勤務されていたそうですが、結婚を機に転勤で海外へ。子育てをされながら趣味で菓子作りを始め、帰国後に本格的に製菓を学び始めたそうです。 「ル・コルドン・ブルーに通うと決めた時点で、卒業したらお菓子教室を開講することを目標にしていました」とヴァイディンガー美穂さん。 昨年度、菓子ディプロムを取得した後に開講準備を始め、この2月にオープンしたばかりだそうですが、レッスンのお知らせや日々のことを綴るブログには美穂さんの世界が既に華やかに展開されています。 「自宅でのお菓子教室でも、一つのビジネス。一人でなんでもこなすことは思った以上に大変!でも、頑張ります!」という美穂さんからの報告にシェフ講師陣やスタッフ一同、嬉しさで思わず笑みが止まらない状態です。
"Tortelicious"は、ドイツ語の"Torte"(ケーキの意味)と英語の"Delicious"(おいしいの意味)をかけたオリジナルの言葉だそうです。美味しくてHappyになれるスイーツ作りを紹介していきたいとのことですが、ブログの世界を覗いただけでもHappyな連鎖が始まりそうです。

Tortelicious Cake Salon

Tortelicious Cake Salon
横浜元町のお菓子教室トルテリシャス

最寄駅:みなとみらい線 元町中華街駅から徒歩5分またはJR京浜東北線 石川町駅から徒歩10分
HP:ameblo.jp/tortelicious/

 

 

フレンチカフェ&レストランを舞台に心をつなぐ演出で話題を呼んでいます!

Le Café de Pomme
代官山/横浜校 料理ディプロム取得、菓子中級・パン基礎コース修了
松崎雅子さん

 

ル・コルドン・ブルー代官山&横浜校で料理ディプロムをはじめ菓子やパンも学んだ松崎雅子さんが千葉県、船橋に経営するフレンチカフェ&レストラン「Le Café de Pomme(ル・カフェ・ドゥ・ポム)」。クラシックの名曲をサロンコンサートと料理のマリアージュで楽しむコースや、ピアノ演奏を楽しめるカフェタイムなど多彩なイベントが話題を呼んでいます。
「料理・菓子・パンのすべてに心をこめています。"POMME'S Suggested Slow Food" 食を通して心が豊かな時間を提案していきたい。」
コンサートの他にも、こだわりの生産者さんを紹介する食材のマルシェ、「ポムの朝市」や朝市に合わせた朝食メニュー「ポムの朝食」も毎週土曜日開催されています。日替わり、月替わりで提供されるメニューにも松崎さんの多彩な企画力が感じられます。シェフとしてすべてに心を配る松崎さんの原点にはル・コルドン・ブルーで学んだことがベースになっているそうです。ちょっと覗きに立ち寄ったつもりが、いつのまにか常連!?になっていくプロセスを実感してみてはいかが?

Le Café de Pomme

Le Café de Pomme(ル・カフェ・ドゥ・ポム)
〒273-0003
千葉県船橋市宮本3-9-1
TEL:047-433-8893
HP:www.cafe-pomme.jp

 

 

八ヶ岳山麓に1日3組限定、大人のための隠れ家ホテルをオープン!

ヒュッテ・エミール
代官山校 菓子中級コース修了、パリ校 菓子ディプロム取得
小根山直美さん

 

ル・コルドン・ブルー代官山校で菓子ディプロムや料理を学んだ小根山直美さんが、八ヶ岳山麓、小淵沢に優雅なホテルをオープンしました。
1日3組限定、別荘のようにくつろげる大人の隠れ家がコンセプト、とのこと。 四季折々に移り変わる自然に抱かれ、地元野菜はもちろん厳選食材でふるまわれる食事や家具など、すみずみまでこだわりが感じられると口コミで評判が広がっているとか。

都会の喧噪から逃れたいときにこっそり出かけてみてはいかが?お部屋数に限りがありますので、ご予約はお早めに!

ヒュッテ・エミール

ヒュッテ・エミール
〒409-1501
山梨県北杜市大泉町西井出8240-1522
TEL:0551-45-7011
HP:www.hutteemile.com

 

 

 

↑ル・コルドン・ブルー日本校トップページへ

   
 
ローディング中…