このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
神戸校ホーム
ル・グラン・ディプロム Show Subnav
受講プログラム
料理講座 Show Subnav
菓子講座 Show Subnav
パン講座 Show Subnav
プロフェッショナルシリーズ Show Subnav
ル・コルドン・ブルー料理教育
学校説明会・学校見学
本科講座申込方法
サブリナ/デビューレッスン Show Subnav
アトリエ・特別講座 Show Subnav
ワイン講座 Show Subnav
チーズ講座 Show Subnav
マネジメント講座 Show Subnav
コラム 日本食材の不思議
卒業生の活躍 Show Subnav
調理師資格サポート
お申込み Show Subnav
よくあるご質問
アクセス・お問合せ
La Boutique - Online Shop
ライセンス Show Subnav
 
Increase font size  Decrease font size
パン講座 現役生・修了生インタビュー

名門フランス料理学校ル・コルドン・ブルーでは、様々な目的を持った生徒の皆さんが、フランス料理・菓子・パンを学んでいます。未来のフレンチシェフを目指して、パティシエとして世界的に活躍したい、既にパティシエとして働いていて更なるスキルアップをしたい、自宅で教室を始めたい、カフェオーナーになりたい、あるいはとにかくお料理・お菓子が好きで興味がある・・・

このページでは、在校生、修了生の皆さんからの体験談を掲載しています。

 

藤岡 麻耶さん
パン講座ディプロム取得(2011年冬学期)

 

『以前から漠然とですが食に関わる仕事をしたいと思っていました。

2,3年前に、ル・コルドン・ブルーの菓子講座で学んでいた母の知り合いから弟の誕生日にアントルメをいただきました。それがとてもおいしくて、それでル・コルドン・ブルーを知りました。

2010年春に高校を卒業して、パン講座の基礎コースに入学しました。

大学へ進学して栄養士の勉強をすることも考えたのですが、最終的にル・コルドン・ブルーへ進むことに決めました。

専門学校へ進学することは考えていませんでした。専門学校は技術だけでなく、一般教養などの授業がたくさんあって、私が学びたい製パンの技術だけをみっちりと学べるわけではないということがありました。ル・コルドン・ブルーでは、毎回の授業でフランスのパン作りの技術をみっちりと教えてもらえるのが良いと思いました。

週一日のコースで、1年でディプロムを取得する予定をしています。授業の無い日は飲食店でアルバイトをしています。

実は入学までパンは全く作ったことがなくて、入学して本当に初めて作りました。周りの人はパン教室へ通ったりしている人も多くて、他の人よりも時間がかかってしまうのが大変です。でも学校は楽しいです。今のクラスは年上の人ばかりですが、みんな優しくて、話していてとても楽しいです。

授業の楽しい点は、自分で時間をかけて、最初から最後まで作れること。何かを作れるということが、私にとってはとても楽しいことです。

難しい点は、成形。先生のお手本を見て、紙に書いてもうまくできないことです。

将来的には、コンセプトもまだ固まっていないのですが、パンをなんらかの形で絡めたお店を開きたいと考えています。

ディプロム取得後は、視野を広げるためにも、食の勉強をするために海外留学を考えています。』(2010年秋学期 談)

   
 
ローディング中…