このページは旧ウェブサイトのコンテンツが含まれています。新しいウェブサイトをご覧ください。
ローディング中…
東京校ホーム
ル・グラン・ディプロム Show Subnav
受講プログラム
料理講座 Show Subnav
菓子講座 Show Subnav
パン講座 Show Subnav
シェフ講師のご紹介
プロフェッショナルシリーズ Show Subnav
本科パン講座上級コース パンビュッフェ予約開始
学校説明会・学校見学
サブリナ/デビュー・レッスン Show Subnav
アトリエ・特別講座 Show Subnav
ワイン講座 Show Subnav
紅茶講座 Show Subnav
コーヒー講座 Show Subnav
フランス美食文化講座 Show Subnav
調理師資格サポート
コラム 日本食材の不思議
卒業生の活躍 Show Subnav
生徒さんの声 Show Subnav
お申込み Show Subnav
よくあるご質問
アクセス・お問合せ
La Boutique (Online Shop / Cafe) Show Subnav
ライセンス Show Subnav
Increase font size  Decrease font size
チーズ講座 講師プロフィール

Wine programs Instructor

村山 重信(むらやま しげのぶ)氏 <上級コースパート1>

NPO法人チーズプロフェッショナル協会名誉会長
フランスチーズ鑑評騎士の会 日本支部 常務理事、同 「グラン・オフィシエ」(最高位)

プロフェショネル・フロマージュ・アフィヌール」(チーズ熟成士の最高位の認定 - 日本初、世界でも60余人)フランス農事功労章「シュヴァリエ」受章。
タストフロマージュ熟成士資格を持ち、チーズ熟成管理のエキスパート。チーズ輸入販売会社社役員、顧問の職を経て、現在チーズプロフェッショナル協会会長として、幅広くチーズの普及教育活動にたずさわる。チーズに関する著書多数。

【講師より一言】
胸を張って門をたたくといったものではなく、なんとなく入ってしまったというところだろうか。大学時代も学業より社会勉強派?だった私は入社試験をあきらめ、飲食店経営を選んだ。とは言うものの料理も何もできない私を見かね、多くの友人が助けてくれた。その一人アルゼンチンの国営レストランに50年つとめたお爺ちゃんが教えてくれたチーズ入り「エンパナ―ダ」。人気メニューとなったのです。これがチーズとの初めて出会いなのです。

Wine programs Instructor

本間 るみ子(ほんま るみこ)氏 <上級コースパート1>

NPO法人チーズプロフェッショナル協会会長
フランスチーズ鑑評騎士の会 日本支部理事、同 「グラン・オフィシエ」(最高位)

フランス農事功労章「シュヴァリエ」受章。
1977年チーズ輸入会社チェスコ入社をきっかけにチーズとのつきあいが始まり、1986年 株式会社フェルミエを設立。日本で初めての本格的輸入チーズ会社であるフェルミエの代表。フランスやイタリアをはじめ各国のチーズ生産地を丹念に歩いては美味しいチーズを発掘し、日本に紹介しているので欧州でも知名度が高い。国内外で講演活動やチーズスクールの講師を務めるほか著書も多い。チーズが日本人の生活にもっと取り入れられるように情熱的に仕事を続けるチーズの第一人者である。

【講師より一言】
チーズに出会ったきっかけ。ロサンジェルスで食べたオニオングラタン。トロトロに溶けたチーズのおいしさに感動。ベーグルにクリームチーズをたっぷりとぬりスモークサーモンを乗せて食べることやストリングチーズを知ったのもアメリカでした。1年間の遊学を終え1977年、チーズ専門商社チェスコに入社。ロックフォールが洞窟で熟成されることに衝撃を受け、カマンベールが村の名前にすぎないことに驚きました。気が付いたら、チーズの魅力にどんどんはまっていったのです。

Wine programs Instructor

宮嶋 望(みやじま のぞむ)氏 <上級コースパート2>

NPO法人チーズプロフェッショナル協会副会長
フランスチーズ鑑評騎士の会「シュヴァリエ」

高校卒業後、米国ウイスコンシン州で酪農を学び、ウイスコンシン大学畜産学部を 卒業。1978年に、北海道上川郡新得町に入植、共働学舎新得農場を開設。チーズ に最も適したスイス原産のブラウンスイス牛を輸入し、牛飼いからチーズ作りまで一 貫して行う。そのチーズ「さくら」が、2004年に行われたチーズの国際的なコンテスト 「山のチーズオリンピック」で金賞を受賞、他数々の国際的なチーズコンテストで賞を 受賞。世界最高のチーズを作り続けるために日々努力を重ねる。著書に「みんな、 神様をつれてやってきた」がある。

【講師より一言】
準備中

Wine programs Instructor

桝田 規夫(ますだのりお)氏 <中級コース・上級コースパート1>

NPO 法人チーズプロフェッショナル協会専務理事
フランスチーズ鑑評騎士の会理事「オフィシエ」

チーズ専門店で10年以上にわたって店長を務めた後、2002年にチーズプロフェッショナル協会理事に就任、2005年より常務理事事務局長の要職にある。
「チーズアレンジメント」「チーズのサービス(飲食店向け)」などのセミナー講師や協会の催事運営を担当。

【講師より一言】
「歩んできたチーズの道・・・」
1983年アルバイトで入社した輸入チーズ商社へ就職。業務で覚えたチーズのバラエティに圧倒され仕事のかたわら独自に勉強を始める。レストランを併設したチーズ専門店で10年以上にわたり重責を務めた後、2002年にチーズプロフェッショナル協会理事に就任(05年より常務理事・事務局長)協会セミナーの講師や催事運営を担当しながら、食品スーパーの従業員教育プログラムの開発を担当。

Wine programs Instructor

佐藤 優子(さとう ゆうこ) 氏 <中級コース・上級コースパート1>

NPO法人チーズプロフェッショナル協会常務理事
フランスチーズ鑑評騎士の会「シュヴァリエ」
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー

1995年ごろよりチーズの魅力に取りつかれ、自らの勉強の成果をホームページに立ち上げ、ネット世界で「カリスマチーズ主婦」となる。チーズプロフェッショナル協会発足メンバーを務め、2001年より企画運営部理事として、数々の企画に携わる。いろいろな食の資格をもつ。

【講師より一言】
1990年代半ば、新居の近くにたまたまチーズショップが開店し、未知なる味に出会いました。インターネットという言葉がまだまだマイナーだった時代にチーズをテーマにしたホームページを開設したことで、日本中のチーズファンとつながっていって一気に世界が広がりました。チーズの美味しさを共感しあえる人たちと出会い、さらにおいしさを追求していくうちにいつしかどっぷりこの世界にはまっていた・・・そして、仲間をふやすべくチーズの普及に携わっています。

Wine programs Instructor

坂本 嵩 (さかもと たかし)氏 <上級コースパート1>

NPO法人チーズプロフェッショナル協会顧問
フランスチーズ鑑評騎士の会「シュヴァリエ」

大手乳業会社でコピーライターとして、長年乳製品全般やワインの広告宣伝を担当。のちに「チーズ&ワインアカデミー東京」の設立に参画し教本の制作を担当、講師も務める。かたわらヨーロッパの食文化の研究を続け、ヨーロッパ各地のチーズやワインの産地を歴訪。退職後はフリーライターとして独立。「食後にチーズとワインを少し」「ヨーロッパチーズの旅」「知りたかったチーズの疑問Q&A」他を出版。

【講師より一言】
「チーズの道に迷い込んだきっかけ」
元々北海道の開拓酪農家の育ちで、牛馬の世話や搾乳は子供の頃からやっていました。自家用のバターやフレッシュチーズを作った経験もあります。長じて大手乳業会社に入り広告の制作を担当するにあたって、ぜひヨーロッパの実情を見たいと渡欧。フランスの地方都市で一カ月過ごした時、朝市で見たこともないチーズの数々やワインに出会ったのがこの道に入るきっかけです。当時これらを理解するには何十年もかかるだろうと思い、会社に無理を言って休暇を取り、たびたびヨーロッパを歩きまわり現在に至っています。

Wine programs Instructor

冨永 純子(とみなが じゅんこ)氏 <上級コースパート1>

NPO法人チーズプロフェッショナル協会理事
フランスチーズ鑑評騎士の会「シュヴァリエ」、日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ

国際線キャビンアテンダント時代に世界のワインとチーズに魅せられ学びはじめる。「いつも食卓にワインとチーズ」をモットーにわかりやすいセミナー、コラムを展開中。

【講師より一言】
アルプスの少女は維持を夢見たあの頃・・・それが私のチーズとの出会い。キャビンアテンダント時代に世界中で出会ったチーズたち。その美味しさを伝えたくてチーズの勉強を始めました。知れば知るほど本当に奥が深い!デイリーなワインもこんなに美味しく!パンや食材に魔法をかけてしまう!チーズの魅力。
授業を通して、皆様にチーズを手軽に楽しんでいただけるようなご提案をさせて頂きたいと思います。はい!チーズ!スマイル!
美味しいチーズを前にした皆様の笑顔に会えますように。

Wine programs Instructor

鳥海 容子(とりうみようこ) <チーズ検定>

NPO法人チーズプロフェッショナル協会理事
フランスチーズ鑑評騎士の会 シュヴァリエ、日本ソムリエ協会認定 ソムリエ取得

婚家の家業である酒販店「でぐちや」(中目黒)に勤務。仕事を通じさまざまなお酒や食材に携わる中で、特にワインとチーズに興味を持つ。「食」とは飲・食物・環境(テーブルまわりなど)、そしてなにより共有する人とのハーモニーと考えその楽しさを伝えるセミナーを企画・開催している。

【講師より一言】
接客業などを経た後、結婚を機にワインを学び始めました。生産地を巡る中で、一切れのチーズがワインの味わいやその場の空気を豊かにしてくれることに感動!!それからというものすっかりチーズにのめりこんでいきました。知れば知るほど、奥深いチーズの世界。自然の恵みであるチーズに感謝するとともに、より美味しく・楽しく味わうためのお手伝いができればと思っています。

Wine programs Instructor

村瀬 美幸(むらせ みゆき)氏 <チーズ・デビュー・レッスン>

チーズプロフェッショナル
フランスチーズ鑑評騎士
シニア・ソムリエ

2013年世界最優秀フロマジェコンクールで優勝。第1回(2006年)及び第2回(2008年)カゼウスアワード・ジャパン最優秀賞。チーズの国際大会インターナショナルカゼウスアワード日本代表として第4位入賞、同大会2009年世界第2位入賞。

【講師より一言】
ヨーロッパの伝統的なチーズには誕生の秘話や歴史があります。さらにチーズには製造の旬、食べごろの旬があることが、限定ものに弱い私にとってチーズの道に進むきっかけとなりました。
20代客室乗務員の時にソムリエ資格を取得、その後、チーズプロフェッショナル資格も取得し、転職した30代はワインスクールでワインやチーズの講師を務めました。そして世界コンクールにも2度チャレンジ。現在はもっとチーズの魅力を一般消費者に伝えたい思いでチーズ専門店の店長を務めています。周りの方々にはいつも「チーズのことを語っている時が笑顔でとっても楽しそう~!」といわれる私です。振り返れば好きなものを探求していく中で自然にチーズの道に進んでまいりました。

Wine programs Instructor

永田 唯 (ながた ゆい)氏 <上級コースパート2>

チーズプロフェッショナル
日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー

1995年、大山ハムに入社、主にベーカリー業界向けのコンサルティングセールスを担当。食肉加工品を中心とした様々な食提案を行う中、関連食材の知識やコーディネート力の強化のため、ワイン、チーズの資格を取得。ベーカリー向けの提案業務が増えたのを機に、製パンを学ぶ。リテイルベーカリー向けのメニュー提案活動、中でもサンドイッチ提案に力を注ぎ、その活動は、店舗全体でのメニュー構成、売り場での演出まで多岐にわたる。また、ベーカリー業界向けのサンドイッチ講座や、取引先であるベーカリーでの社内研修、専門学校等で講師を務め、ベーカリー業界誌への寄稿、レシピ提供を行う等、サンドイッチコーディネーターとしての活動も行う。

【講師より一言】
新卒で入社したのは食品メーカー。商品企画やメニュー提案に携わる中、食の知識を身につけたい、何か資格が取りたいと思って始めたのがワインの勉強。ワインを知るとチーズにも興味が沸いてきてワインアドバイザーを取得した翌年に、チーズプロフェッショナル試験を受験しました。それが12年程前のこと。実は、チーズが大好きで学んだのではなく、その魅力は学び初めてから知ったのです!様々な製法、文化、歴史的背景の奥深さを含めての味わいは素晴らしく、国内外のチーズ工房を旅したりもしました。その後、はちみつ専門店での経験を積み、現在はフリーランスで、企業向けのメニュー開発を中心に、幅広く活動中です。私は「チーズ」がきっかけで、「食の道」に進むことになったのです。

 

» お申込みはこちらから

 

 


 
ローディング中…